ミライカラーズ WE-VIBE・MBマスターベーション レポート

第1回目となるWe-Vibeマスターベーションレポートは、アメリカ在住の20~70歳の独身・恋愛中・既婚中の男女のマスターベーションの品質と回数に関する調査結果を分析したものです。この調査により600人にもおよぶアメリカ人におけるセックストーイに対する意識調査、マスターベーションの頻度、マスターベーションの概要について、マスターベーションの習慣などの実態を明らかにしています。

自分の性欲についてどう感じる?

大半の人はマスターベーションについてとても健康的な事と前向きに考えていました。

性別に関わらず、87%の人は"したい気分になる"または"刺激を受けて"(55%)という理由でマスターベーションをしていました。その他のマスターベーションをする理由には、ストレス解消や不安解消(38%)、けん怠感(26%)、興奮して(21%)といった回答がありました。
マスターベーションをした後、76%は「満たされた」、59%は「ストレスが解消された・リラックスできた」と回答し、1/3は「幸福を感じる」と回答。マスターベーションによりネガティブな感情を抱く人(例えば「恥ずかしい」「後悔」「孤独」など)は1-5%の間と稀でした。

セックスの盛上アイテムとして

半数以上の女性は一週間に1回以上マスターベーションをしていると回答(55%)。これは彼女達がシングルという訳ではありません!50%は独りでバイブレーターを習慣的に使用し、27%はバイブレーターを恋人と一緒に使用、50%の女性はクリトリスのオーガズムは恋人とのセックスのときよりバイブレーターを使用した方がオーガズムを体感しやすいと回答しています。
マスターベーションがしたい気分になったとき、半数以上は妄想することが絶頂に効果的だと回答。女性が聴覚的なのに対し、男性の多くはマスターベーションに視覚的な刺激を使用していました。アダルトコンテンツを見ながらマスターベーションすると回答した57%のうち81%は男性でした。その他、20%は音楽を聞きながらすると回答した人の35%は46-55歳。3.7%は若者世代(22-34歳)でした。女性は男性より2倍も音楽を聞きながらマスターベーションしています(女性26% 対 男性11%)

自分のマスターベーションについて話す?

全体の85%はマスターベーションについて以前より周りに話しやすくなったと回答。テレビ、映画、そしてインターネットの普及によって以前よりマスターベーションについて話すことは“タブー”ではなくなってきています。
実に69%もの人々は、「友人や友人グループにマスターベーションについて話した事がある」と回答(そのうち32%は「良く話す」、63%は「話した事があるのは数回のみ」と回答)。 85%の若者世代(22-34歳)はマスターベーションについて「友人と話している」回答し、60年代~70年代に生まれた高齢世代で「友人と話している」と回答したのは65%であることから、比較してみると若者世代は高齢世代よりマスターベーションについて話すことに抵抗が低いということがわかりました。また、男性は女性よりマスターベーションについて話しているという傾向がありました(男性34% 対 女性29%)。

マスターベーションを何歳から始めたの?

ほとんどの人は性別の違いに関わらず13-19歳のときにマスターベーションを始めたと回答(45%)。しかしながら、20%の女性は20代前半になってからマスターベーションを始めたと回答しています。

ベッドではなく車の中で。

マスターベーションをする場所として最も多かった回答は寝室またはシャワー/バスルームでした(80%)。興味深いことに23%の男性はカウチ(長椅子)でのマスターベーションも好むと回答。

車は三番目に最も人気のセルフプレジャースポットでした!また、20%の男性そして19%の女性は最も普通ではない場所でのマスターベーションは、車と回答、35%は西海岸在住の女性でした。
もしあなたが会計事務所での仕事を探しているとしたらちょっと気をつけて!なんと、6%の男性は事務所でマスターベーションをしたことがあると回答しています。その他、普通ではないマスターベーション場所としては、航空機の中、電車の中、バスの中といった回答がありました。
バーケーションなどちょっとした休養娯楽はマスターベーションには不要のようです。98%は自宅でマスターベーションしていると回答しているのに対し、たった 32%はレジャーバケーション中に、22%はビジネス出張中にマスターベーションしていると回答しています。

寒い夜が最も頻繁。
マスターベーションの頻度は温度や時間で変化する?

寒い夜が最も頻繁。気温が下がるとマスターベーションの頻度が高まることがわかりました。82%は冬により頻繁にマスターベーションをすると回答しています。最も一般的なマスターベーション をする時間帯は夕方(58%)または夜間です(51%)。しかし、1/4の女性は昼間の間に少しの時間を見つけてマスターベーションを楽しむと回答しています。

一緒に?または独りで?

マスターベーションは一人でするスポーツとは限りません。実際、4人のうち3人の女性は「パートナーとのセックス時にマスターベーションをすることもある」と回答し、59%はマスターベーションの回数はパートナーとのセックスの回数や品質には関係しないと回答。そして自分がマスターベーションをしている事を恋人に知られることを気にしていません!61%は自分がマスターベーションをしていることを恋人は知っていると回答。実際、39%は恋人の前でマスターベーションしていると回答。
63%はパートナーとのセックスよりマスターベーションの方がオーガズムを体感しやすいと回答。そのうちの68%は女性で、そのうちの75%は46-54歳でした。バイブレーター使用者のみの調査では、27%はバイブレーターをパートナーと使用すると回答し、50%はバイブレーターを使用した方がオーガズムを体感しやすいと回答しています。